17日のテルミン1日体験講座、14時からの回はお席に若干余裕がありますので、17日朝10時まで受付致します。

社食のテレビでバニラムードを見たせいか、おなかが痛い。
平日は朝に夕にこれをチェックすることを日課としている相田康一郎氏のブログを今日もチェック。
このページでもおなじみの相田さん、さすがビジネスマン!と感心させられることが多々ある。
今日の記事はイーサーウェーブテルミンのコアねじ調整、写真付き。イーサーウェーブテルミンは個体差はあるものの、出荷状態ではまともに演奏できない状態のものが殆どだと聞いている。
私も先日テル大の学生さんが新しく購入されたものを2台調整したが、やはり最初の調整が不可欠な状態であった。しかしそのこと自体もあまり知られておらず、独学でマスターしようとする人に不要に「難しい楽器だ」という印象を与えてはいまいかと心配である。今日の相田氏の記事は多くの人の疑問を解消したのではないだろうか。
テルミン大学ももう少し有益な情報をお届けしたいものである。

大して内容のない文章を2度に分けた意味が全くわからないが、以前書きかけの文を「下書きとして保存」したらどこかへ消えて無くなってしまったので。
ロシアのことについて書こうとしていたのだった。ロシアで食べたロシア料理はとてもおいしかった。日本のロシアレストランとは全然違う。味も量も。赤の広場の近くで初めて食べたロシア料理「サリャンカ」というトマト風味のスープがとても気に入っていたのを覚えていてくれた方がレシピをくれたので作ってみた。私が作ってもちゃんとロシアの味がした。充実してワクワクすることばかりだったロシアでの1週間が鮮明に思い出され、スープを飲むとワクワクするというパブロフの犬的効果が得られたことは大きな発見であった。

前置きが長くなりましたが、今日はロシアに関するいろいろなことが紹介されている東奥日報での
いちのへ友里さんの連載「 Хочу! ハチュー! 」 をご紹介します。マトリョミンが紹介されている回もあります。武田百合子の「犬が星見た」は私も旅行前に読みました。おすすめです。

ロシア語で「はい」「いいえ」と書いてある。「ダー」「ニエット」
去年のロシアツアーの前に少しロシア語を勉強したが、まず文字からして全くなじみがないので一朝一夕には覚えられず、使用頻度の高そうな単語をいくつか覚えた程度、それはもう「勉強した」などとは言えない。このДа.ダー Нет.ニェットも私のわずかなボキャブラリーのひとつだったのだがついに1度も使うことはなかった。考えてみればヒアリングが全く出来ず、質問に答えるという状況自体があり得なかった。たった1週間でも実際行ってみるとロシア語やロシアの文化をもっと知りたいと思った。ときどきNHKのロシア語講座を見ながらブツブツ言ってみたりはするのだがやはり必然性がないので優先順位が低い。もう一度ロシアに行くべきである。
 つづく

定員に達しましたので第三期の受付を終了致しました。
取り急ぎお知らせまで。

1日体験講座も17日に行います。



オムトンの楽曲がラジオで放送されます。
7/18(月)18:00〜18:45 NHKFM「サウンドスケープ」
 

この番組は、ただ曲を流すのではなく、音や音楽で風景・物語を創るような番組で、CDやライブとはまた違ったオムトンになると思います。がんばれオムトン!
私も1曲参加することになりました。がんばれテルミン!
(テルミンとオムトンを並べて書くと「オムトン」という楽器だと思う方、結構いるようです。)

「移動コンサート 夜光虫」無事に終わりました。
ご来場くださった方暑い中ありがとうございました。さぞかし過酷なコンサートだったことでしょう。本当にすみません。

関係者のみなさんお疲れ様でした。カフェガールズ、アトリエヘリコプター、テルミン大学助手として出演してくれた兵藤公美さん、オムトンの佐藤貴子さん、高橋若菜さん、日本画家・林牧さん、帽子作家・五反田陽子さん、イラストレーター・山本由佳さん、テルミン三重奏のゲスト相田康一郎さん、伊藤麻紀さん、ビデオを撮ってくださったお二人、写真を撮ってくださったフレンズオブテルミンの大山さん、そしてこのコンサートを一緒に企画したオムトンのリーダー澤口希さん!一緒にと言ってもかなり頼ってしまいましたね。それから私のコンサートのトーク部分はかなりグズグズで、肝心なことを紹介したりしなかったりでしたが、テルミン大学コンサートのピアノ伴奏音源「歌の翼に」「青葉の笛」「我は海の子」「愛」は澤口さんによるものです。この場を借りて今更ながら紹介させていただきます。
皆さん本当にありがとうございました。とても楽しかったです。終わってしまってなんだか寂しいけれど終わらないと暑くて死んでしまう。また次を考えたいと思います。

テルミン大学も7月で第三期を迎えます。今回は創立を祝っていただいたので今度は成果を発表したいと思っています。「テルミン大学学園祭」です。もう少し時間がかかりますがいつか実現します。

暑くなってきましたがまだまだもっと暑くなりますね。みなさんお身体にお気をつけて。

昨日数年ぶりにカエルを見てしまった。別にカエルは悪くないのに申し訳ないが一番嫌いな生き物である。ゴキブリならわりと落ち着いて対処できる方だがカエルだけは勘弁してほしい。
万博会場からロープウェイに乗り、リニモに乗り、新幹線に乗ってあと50mで我が家というときに!暗闇にうっすら見えるカエルはもう本当に嫌だったが回り道する気力もなく、全速力で走って通過した。
それ以来カエルのことが頭から離れない。明日は階段の途中にいたらどうしよう。今もベランダにいるかもしれない。コンサートの最中視界にカエルが入ったらどうだろうか?演奏をつづけられるだろうか?・・・などなど無駄なことをたくさん考えた。

真っ白な換気扇が、回ると赤と水色に見えてくるのは何故だろう?
今日は火曜日である。
私の肩書きは一応「テルミン大学教授」であるが平日は口が裂けてもそんなことは言わない。周りは30代前半の女性がほとんどで、昼食時の話題は主に「あいのり」「あるある大辞典」「細木数子」である。オフィス街ではないので周囲にあるものといえば水上バス乗り場や国技館、銀行も郵便局もちょっと遠くにあり不便であるが気分転換にときどき出かける。道を歩けばお相撲さんがいる。
ある日郵便局から出て遊歩道を歩いているとすぐ前をお相撲さんが歩いている。行く方向が同じだったようでしばらく後ろをついて歩いて浴衣の文字を黙読していると、初夏のさわやかな風に乗ってベビーパウダーの匂いがした。

電子楽器テルミンの演奏法教室「テルミン大学」の一日体験コースです。
テルミンに興味をお持ちの方、お気軽にどうぞ。(楽器はこちらで用意致します)

日時:7/17(日)14:00〜16:00
          17:00〜19:00
       
    いずれかをお選び下さい(内容は同一)
   

会場:アトリエヘリコプター
   品川区東五反田2−21−17
   JR大崎駅またはJR・都営浅草線五反田駅より徒歩5分

内容:楽器の説明、デモ演奏、演奏法の基礎等

参加費:1500円

お申し込み:7/10、午前10:00より
      メールにて受付致します。各回とも定員10名、先着順です。
      ご希望の時間(あれば第二希望も)、お名前、ご連絡先を明記の上、
      下記のアドレスにお送り下さい。
        ss_postoffice@ybb.ne.jp
        お問い合わせもこちらへお願いします。

  


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM